上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.07 日和佐の地磯
2月7日(土)中潮

SanshiとSatoruが好調の日和佐の地磯に釣行。
月曜日も30~39cmを4尾釣ってたんで、大丈夫だろうと思ったが・・・

8時ごろ到着。
準備して、山登り・・・Satoruは前日の飲みで寝不足なのか行きだけでへロヘロでした。

釣りは初めは魚の気配はあったが、直に目の前に漁師が網を設置。
ちっとも魚が居なくなっちゃいました。
潮も動かずゴミ溜まり状態のダブルパンチ。

Sanshiのコマセはてんこ盛りでしたが・・・Satoruのコマセがなくなったし、帰りの関係で11:30頃納竿。

グレも産卵が終わった?から喰いが悪くなったのか??
小○名人も「卵を放したらこの喰いが終わるでよ~」と言ってたし・・・
牟岐大島の好調もそろそろ終盤だとか・・・

網の正体を調べてみると・・・アオリイカの網と判明
●徳島独自の優れた漁法
アオリイカは様々な形の小型定置網や大型定置網及び釣りで漁獲されます。
特に徳島県では全国に類をみない角網というアオリイカ専用の小型定置網が広く普及しています。
魚と同様に垣網に突き当たったアオリイカが箱状の魚取り部に入網し漁獲されるというものです。
1~2人で操業可能な非常にシンプルなものですが、網口の形状や網目の大きさ及び敷設する場所など徳島独特の工夫がなされたものです。
アオリイカは月夜程度の明るさを好むため、アオリイカ狙いの小型定置網では網内部にも適度な光量が入るように目合の大きな網が用いられます。
徳島のアオリイカの水揚げが多いのはこのような独特な網の使用に負うところも大きいと思っています。

徳島は全国でもトップクラスのアオリの水揚げを誇っているようで、徳島のアオリは美味しいと評判のようです。

・・・ということは、アオリが釣れるはず。
今度はエギでアオリを狙ってみるのもいいかも。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tyoux.blog64.fc2.com/tb.php/58-04d0aadc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。