12月15日(月)中潮

Sanshiが伊座利に親父と釣行。
親父が居るんで、渡船が大きくで磯渡しが楽チンなということで伊座利。

天気は良いが、北風が強く、時には飛ばされそうになるくらいでした。
波は少しウネリがある程度。たまにドデカイのが来て磯を浚ってきけど・・・

7時出船。
釣り人は僕たちを含め出船時は4人。
4人全員黒髪に渡礁。
僕らはチギレ、他の2人は胴に渡礁。

NEC_0164.jpg  黒髪より水島方向を望む

NEC_0167.jpg  胴方向(干潮時なら楽に向こうには行けますが、所々切れ目がある)

潮は最初は早い上り潮でしたが、すぐに下り潮に・・・
船頭さんが『水温が低いから3~4ヒロで釣れよ~』
サシエは残ったり、残らなかったりで・・・犯人はキタマクラとハゲかな
サラシと風が強く浮きが引っ張られたりでなじみがイマイチなのでBの浮きにBとBをうち、さらにハリコミを・・・沈め気味で探っていくと・・・浮きがす~~っと少し走る。
合わせると、ズシリと重みが、コツコツと頭をフルので正体はすぐチヌだと判明。
大きさは37.5cm
竿は銀狼でしたので、引きを楽しめました。

それ以外はウマヅラを追加したのみで、風が強いので昼過ぎに水島の西(ワレ)に移動。
ちょうど風裏で釣りやすかったが・・・撃沈。

黒髪の胴の釣り人は、40cmオーバーのグレを1尾と木っ端2尾とチヌを1尾。
伊座利は黒髪でしかほぼ40オーバーは上がらないそうで、後の釣り場は30~35cmくらいの型。
水島ではまだ50~60cmのツバスがポチポチつれてるようです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tyoux.blog64.fc2.com/tb.php/34-8b7a4921