上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水温上昇

牟岐大島
表~佐本周辺は17度前後まで回復?
裏はまだまだ低いが

このまま潮が来てくれれば…
もっと沿岸まで
日和佐まで

安定するか??
スポンサーサイト
水温が上がらない
牟岐大島で19日大会があったようですが…

大会参加者114名中…グレ2枚

津島でも全滅?

大島周辺でも水温11度台とか

日和佐なんてもっと低いんでしょうね?

甲浦まで行くと15度くらいあるようですが…
2012.02.12 日和佐の地磯
2月12日(日)

Taka、Sanshi、Satoruで地磯に
日和佐磯は渡船お休みなんで渡船の予定だったが断念
牟岐大島にSatoruはいきたそうだったが…
Taka、Sanshiとも牟岐大島嫌いなんでこれまた却下

Sanshiはどこかの地磯に行く予定でしたので問題なし

Satoruは高所恐怖症でどんくさいですけど…地磯の山歩き&一部クライミングですけど…大丈夫か??

まぁ、最近いろいろあるようで釣り禁止令がでてたSatoruですけど、今日ばかりは一時的にOK
やる気は満々

まぁ、3人おるんで気合入れて朝方暗いうちにと思い出発するも、到着するとすでに常連さんの車が2台
お目当ての釣り座はきっと折るんだろうな…と思いながら出発

山の中は暗いが、空は東のほうから薄明るくなってきていた
磯の上に着くころには明るくなってるんで、Satoruは初の場所ですが…日が明けるのを待つことなく出発

道中Satoruは慎重な事
いつものペースよりはだいぶスローだったので楽チン楽チン

無事磯につくもやはり…居ました
同じポイントに2人
お隣のポイントは空いてる感じでしたけど…3人では狭いんで断念して
いつもの恒例のポイントに
この時期はイマイチなんですが…

土曜日には暴風?強風?という情報が合ったんで、予想はしてましたが…強風~暴風でした
ちょことお風がやんだ時もありましたが…

左前から強風を受けながら潮は逆に風に向かって流れる
上り潮
水温は…まぁ、暖かかったんで下がってはなさそう
何か釣れるだろうと思ったが…甘かった

釣りは…風との戦いです
Takaは…風下で遠洋漁業
小さなアタリを拾うも針にのらず
サラシで道糸がとられるので道糸を浮かせてかわしても、風でフケル
小さな浮力のウキはあきらめて1斤使用にチェンジ
どうにかイサギ21cmを拾う
後が続かず…昼過ぎにコマセ撒き終わり、納竿

Sanshiは朝方小さなアタリを拾う
1度は針に乗ったかと思ったが…途中針外れ
食いが浅いのでしょう

10時ごろから1時間ほどだったか?風もおさまり
潮も一瞬下りに変わった時に
ようやくHIT
寒さと眠たさでウトウトしてたところにドカン!!
「グレちゃいますか~?」とSatoruが言ったが
「サンノジやなぁ」と
竿から伝わる感触が明らかにサンノジでしたし
目測?手即?43cmのサンノジの登場

20120212-1.jpg

長い沈黙が続きましたが
どうにか26cmのイサギを仕留めて…あとは撃沈

20120212-2.jpg

というわけで、TakaとSanshiの釣果、イサギ2匹と貧果でした

…ん!?
Satoruはどうだっかた?って…
そういやベラっちゅう名前の魚を釣ってたな
撃沈
ウキが風に流され潮と逆に
「そりゃコマセとは合わんし、潮と逆やし…釣れんでよ~」ってTakaに言われてたっけ
納竿直前に魚をかけたかったのでしょうか?
チョロチョロしてたボラでもと思ったのか?矢引き50cm位のウキ下にして狙ってたけど…
こそっとしたようでもバレてますよ~
ボラにもそっぽ向かれてました

イサギはSatoruのもとへ

風にさらされ寒いく、釣果も寒い1日でした
2月4日(土)中潮

TakaとKuniとSyotaで恵比須浦の磯へ釣行
数日前からの水温低下が気になるが、お天気男Kuniの力に期待し
港で準備をしてるとSyotaのブーツがないことに気づく
きっとKuniのいたずらじゃ等冗談を言いながら
上物8人、イカ師1人で5時50分出船
もちろんSyotaは靴のまま

周りの渡船にはお客さんがいなかったのでゆっくり出船したものの
やっぱり沖ノハエには木岐からの船が・・・

特に希望の磯はなかったが3人ということもあり中ノハエに
磯釣り二回目のSyotaはベタ凪にもかかわらず少し酔い気味
しかも港で朝生さんに「ジャンプするなよ」と説教されてたので
今回はスムーズに降りる事ができました(笑)

とりあえず準備してスベリで三人並んで釣り開始
けっこう速い上り潮、水温も16度台に上がってたので
何かは釣れると思ったがサシエが残りっぱなし
Syotaに魚の感触をと思いTakaとKuniで魚を探すも答えが出ず・・・

ちょっと気分転換にSyotaはサザエとの水道で竿を出してみることに
数投目で待望のアタリが!!
で、Syota初の魚はキタマクラ
しかもアタリが分からなかったみたい(笑)

そうこうしてると朝生さん弁当便で登場
Takaが船に乗り込むと「辰巳で喰いよるけん、ヒキウスに行くぞ」と
えっ!!っと思いながらも急いで支度
慌てて荷物を抱えて磯を降りると
ズルッと足を滑らせ転倒
怪我はなかったものの竿にキズがいってないか心配で
釣りバカってそんなもんですかね

で、ヒキウス一投目
すぐさまアタリで25cmないぐらいのグレ
こりゃ~入れ食いやなと思ったのもつかのま
エサ取りラッシュ突入でサシエまったく残らず
深棚遠投仕様で沖目を狙うもやっぱりサシエが保たない

段々腹が立ってきたのでヤビキに3号針でエサ取りの正体を探る
が、やっぱり釣れず
なんなんでしょう??

弁当食べて、仕掛けを戻し釣り再開
本日二回目のアタリで30cm弱のグレ
やっぱりグレの活性は低くサシエが残り深い棚まで入るとあたるみたいな

三回目のアタリは結構強烈
最初の突っ込みを耐えて少し糸を巻いたあと
次の突っ込みでやっちゃいました・・・
弱気に糸出しちゃいました・・・
根ずれでハリスぼろぼろで・・・
本日終了

一方残された二人は
弁当便のあとKuniが魚の居場所をつきとめる
しかし棚が深いのとシモリとでばらしを連発
あっ、あとお手手が悪いの忘れてた(笑)

裏でやってたSyotaを呼び戻し
Kuniが仕掛けをいじいじして、二人並んで再開すると
やっと来ましたSyota初の本命らしきアタリが
「でかい~」と大慌てしながらも
横からKuniのアドバイスを受けなんとかゲット
ハリスは根ずれでぼろぼろだったらしい

その後も何度かアタリ(身体ごとのされる)もあったみたいだが
魚は追加できず終了

港に帰りSyotaの魚の計測しようとするも
メジャーがない・・・
するとよく会う常連のにいちゃん(釣X見てるらしい)が
「メジャーあるよ。自分用に買ったけど出番ないんよ(笑)。」
と快く貸してくれました

Syota初グレは40cm

20120204_3.jpg

帰りの車もご機嫌(少しうるさい)で
Kuniにレンタルしてた釣技レジェンドかなり気に入ったみたいでした
行方不明のブーツもKuniの車のトランクから発見され
一安心の一日でした

Syotaの初グレは…

20120204_1.jpg     20120204_2.jpg

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。