忘れてました…今年のシマノジャパンカップ

優勝は 平和 卓也 選手 8,715g(決勝戦)2008年のチャンピン
準優勝は 友松 信彦 選手 8,240g(決勝戦)2007年のチャンピオン
3位は 藤原 実浩 選手 2010年のチャンピオン

だそうです
スポンサーサイト
2011.11.26 日和佐の地磯
11月26日(土)下り潮 水温20.7度

Sanshiが地磯に釣行
最近は午後からが多かったが、天気も良いし、久しぶりに朝から出動

朝はだいぶ冷え込みます
途中2度って表示してた

7時ご過ぎに上り口に到着
車は3台すでに止まってた

ちょうど上ってく人がいたんで、後をつけて…
山登りなんで、寒いというより暑い

渡船もフルに出動してる様子
地磯、沖磯とも満員御礼

目的の場所すでに7人もの釣り人が居た
良いポイントには3人
沖向き先端に底モノ師にルアーマンが2人
裏に2人

場所が無いんだけど、何か釣れるだろうと思い、とりあえず、裏の空いてる場所に釣座を構える
この前40cmクラスのグレも釣れたし、何か釣れるだろうと思ってた…この時は

が…魚の気配すらなし
たまにサシエはかじられるがハゲ系か!?!?
潮は下りで、磯際べったり
際釣りしてみるも…留守な感じ

面白くも無い釣りをしつつ…時間だけが経過
周りもちっとも竿が曲がってません
電話でか?
「ほかの場所もちっとも釣れてないそうでよ~」
って、話してる話し声が聞こえてきた

今日は駄目な日なのか!?!?

あまりにつまらなく、かつ、眠たさMAX
12時ごろギブアップ
眠たいんで磯で寝ようと高場に移動すると底モノ師が居ない
眠気もすっ飛び、場所移動
沖向き先端が空いてたんでお邪魔ムシ

下り潮やし、追い風なんで釣り易し
潮目にダイレクトに…30mくらい遠投(風にのって楽~に飛んできます)して全層釣法

下ってはいるが、思いの外走ってない
結構沈めた(竿2本以上か!?)
すると数投目にアタリが!!

浮いてきたのはちょっと小さいがイサギ
ここからイサギラッシュ
バチバチ体感ショック
25cm前後の型だが

今日の棚は超~深し
サシエは残るんで、これでもか~ってくらい沈めて、待って…パチパチって感じでした

イサギの地合も渡船の通過と共に14時ごろ終了
1時間半くらいで10匹

しばらく沈黙が(短い沈黙でしたけど)…沈黙を破る豪快なあたりが!!
バチバチ~~
本日最初のモンスター登場
沖に向かって猛突進…かと思うと、今度は磯際に向かって猛突進
ハマチか!?
走りを止め、ちょっとづつ浮いてきた
深棚からの浮かしなんで、重たい重たい
何度も竿を締めこむ
慎重にやり取りしてたんですが…フワッと

針はずれ…放心

気を取り直して、続けるとちょっとこましなあたり
浮いてきたのは30cmくらいの鯛

14時半ごろ潮が変り気味になり、お魚の気配が完全に遠ざかる
またまた沈黙

渡船の回収が済んだ15時ごろ、場所替えでお気に入りのポイントに
するとここからサンノジラッシュ
サンノジですが、深棚なら浮かすのは一苦労
4回豪快なアタリがあり、浮かせたのは40cm切るくらいの2匹

20111126-1.jpg

もう2匹はチモト切れでした(バラシたのはサンノジと想いたい)
浮かせたサンノジよりも豪快だったんで、型も大きかったはず

やはりここ最近大物?豪快な当たりが取り込めないSanshiです

日も暮れてきてそろそろ帰ろうかと最後の1投
バチッっと体感ショック

感触はイサギっぽい
今までの25cm前後のサイズとは重さが違います
慎重に浮かせたのは33cmくらいのイサギ
ぶっこ抜かずタモで掬って…納竿

昼からは結構アタリもあり楽しめました
体感ショック…サイコー

20111126-2.jpg

イサギ:11匹 33cmと25cm前後
マダイ:1匹 30cm弱
サンノジ
バラシ3回
Taka、Sanshi、Satoruで参加

5時過ぎに集合場所につくと、既に多くの人がいる
準備して、受付に
久しぶりに小里名人と会い、多少雑談
どの大会の参加者も減ってきてるそうです
今年の参加者は91名
去年は120名近くいたような…?

さて、クジはといいますと
Taka:71
Sanshi:64
Satoru:忘れました

TakaとSanshiは同じ船で4番区域
Satoruは3番区域

競技説明を聞いたあと、5番区域から順次乗船
伊島に向かう

風は無し…だが多少のウネリがある
朝方は満潮と重なり、上がれる磯も少なめ?

Takaは初参加時と同じ磯、マナイタの地
Sasnhiはクウカバエのオチ
Satoruは丸山の胴

この日は餌取りパラダイス
サシエが付きません!!

Sanshiの釣り座から

20111113-1.jpg     20111113-2.jpg

午前中は潮が悪かったのか、全くグレの気配すらなく、気持ちもかなり折れてました
が、昼過ぎに一時の潮の変化が!!
その時に33cmのグレを1匹GET
後が続かず
遠投沈め探りで探ってたら、サラシの先端付近で竿がもたれる
合わせると重量感のある引き
グレではない
軽~く浮かし!?取り込んだのは43cmのハマチ

あとは…巨ガシラ釣ったが、潮溜まりに飼っていたが、知らない間にお家に帰ったようです

私の周りの状況はと言いますと…
前に見えた水島の東はほとんど竿曲がってなく
隣の磯、クウカバエもグレ1匹か2匹とカツオ?
同礁者はグレ3匹で他に何回か切られたそうです

マナイタの地も餌取りパラダイス
サシエもたなかったそうです
昼過ぎの一時の潮の変化時にグレ31cm1匹

20111113-3.jpg TakaとSanshiの釣果


Satoruは…書かねぇ
リンクから見てくれ
プーチンのほにゃらら日記だったかな

まぁ30cm前後のグレ2匹と10数cmのグレもキープ
そりゃリリースでしょ
でも、リリースしたつもりが帰港したらクーラーに何故か?入ってたそうなんです

閉会式のお楽しみ抽選会
Takaはオーブントースター
Sanshiはかぼちゃとバナナ
Satoruは配合1箱とじゃがいもてんこ盛り

優勝者は穴磯
5匹重量で5200~5300g
45cm前後のグレを5匹揃えてきました
13匹つったそうです

東の長ハエも30cm~40cmのグレをクーラー満タン
2位か3位に入賞してました

大会はやはりくじ運とめぐり合わせですね
2011.11.07 昨日の魚
何か分からなかったが、アジっぽい魚
メッキも釣った事ないんで、よ~わからんかったんでとりあえずメッキとしてましたが…写真を見ると全然違う

なんで、調べてみました

20111106-1.jpg

コバンアジ

沖縄をのぞくと漁獲量が少なく、ほとんど流通しない。
鹿児島や沖縄の魚。

食べ方:刺身/塩焼き/煮つけ
味は…◎非常に美味

だそうです
徳島の海も暖かくなったってことなのか?
2011.11.06 日和佐の地磯
11月6日(日)

Sanshiが地磯に釣行
いつもの時間にいつもの地磯

20111106-5.jpg    20111106-4.jpg

行く途中に釣りから帰ってくる人とすれ違う
たまに会う、よく底ものをしてる常連さんだ!

むこうも知ってか?知らずか?

(常連さん)「今日は遅いで~今からかいなぁ」
(sanshi)「で、魚はど~でしたか?」
(常連さん)「ハマチの群れが2回来て、ルワーで数匹しとめたでよ~」
(常連さん)「ルワー持ってきたでぇ?潮がたかいけん、くるかもしれんでよ~」
(Sanshi)「一応、もってきてます」

常連さんと会話を交わしつつ

と、いつもの先端につくと…やはりウネリが!!
潮位も高いんで、大きなウネリの時は、結構な高さまでくる
どうするかしばらく上から見物
危ないんで、諦める

帰ろうかとも思ったが…やはり釣りしたく
この前グレが乱舞してた某ポイントへ移動して釣り開始


時折、右からの大きなウネリによるサラシがきついが…まぁ問題なし

お魚はと言いますと
これが入れがかり
入れ食いっちゅうヤツです(小まいのがほとんどでしたが…)

久しぶりにウキを浮かし~の、シモらせ~ので釣ってみましたが
棚も浅く、スパスパ入る入る

最初はメッキアジ?の入れ食い

20111106-1.jpg

数匹釣って、場所を少し横に移動して、サラシに乗せて釣ってみると
グレちゃんの登場

20111106-2.jpg

大会ではキーパーサイズですが…個人的にはリリースサイズ
ってか、地磯は大物以外は基本リリース

木っ端の中から大きいのを引き出そうと頑張ってみると
重量感たっぷりの引き
何度かの締め込みと磯際への突っ込みをかわして浮いてきたのは40cmはあろうか?
予想外の良型グレ
タモ網なんて用意してません
ぶっこ抜けないし(竿が折れたら困るし)釣り座は高いし、打ち上げれうような場所もなく…

…ここで、とある案が!!

高橋哲っちゃんばりにハリスを持って引き抜いてみるが…予想どうりオートリリース

次来るとあれなんで、玉網用意

が…用意すると来ないもので…大きいグレは何処へやら
後は良型のサンノジや小型のババタレや木っ端グレの入れ食い

20111106-3.jpg サンちゃん

途中モンスター級の当たりも
スゥ~~~と浮きが入り、ひと呼吸おくと、浮きが消し込む!!
物凄い突っ込みでした
先ほどのグレなんてお子ちゃま
結構ためて頑張りましたが、何度目かの突っ込みの時、鋭いツッコミ
フワっ!!
チモト切れ
飲まれてたのでしょう

巨キツ?

最近やはり大物が釣れません

でかい針にすると食い込み悪く、小針にすると飲み込まれ…
このあとも、ほとんどが小さいのばかりでしたが適度に遊べます

そんなかでも、大型サンノジのアタリもあり
バチバチっとひったくってきました

サンノジ特有のコンコンと叩く感じが凹みます
竿もガッツリまがり、なかなか浮いてきません
が、2号道糸-1.65号ハリスなんで強引に
姿確認…ナイスサイズですが
切れろ切れろと願い、磯に触れるよう誘導
願いかなってが?オートリリース

2時間くらい釣りをして、サシエがなくなったんで、納竿

体感ショックが良いですが、ウキがススス~~~と入って、ドン!!ってのも中々楽しいものでした

来週はグレを釣りゃなアカンので、来週の釣りの予行練習ができたと言うことにしときましょう

ハマチは時折ナブラがでるそうです
その時にルワーを持ってると、放り込むと、仕留めれるそうです
やはり午前中っぽいです
2011.11.01 日和佐の地磯
10月31日と11月1日連ちゃん釣行

まずは10月31日
予定を済ませルアーとエギをもって地磯に
着くと、予想外…ベタ凪です
風は北風が強く吹いてました

目指すポイントに着くも風強いし、近くで渡船の釣り人が居たんで断念
上から、釣り人の釣りを見ていたら、コマセに乱舞するグレグレグレ
ちょっと遠かったんでグレかどうかは断定できませんが…姿はグレ

それも、グレを釣り上げてたんで、きっとグレ
いいサイズのグレが、そんなポイントで!?!?ってところで乱舞
いいポイント発見かな!?

んで、ルワーはといいますと、放って見たんですが…面白くありません
つまんね~
まぁ、どうしたらいいか?勝手が分からんので、つまらん!!
数投して飽きてきたんで帰りた

夜勤明けでヘロヘロ
次の日も休みで、天気も午前中はもつかな?って程度

渡船も考えたが…あまりの疲れでとりあえず、その晩は爆睡

続いて11月1日
爆睡から目覚めた10時ごろ
PCで海と天気予報をチェック…波なし風なし
迷いに迷ってGo!!

今日はフカセです
連ちゃんの山登り…

目当てのポイントが空いてるじゃない
それも、お気に入りのポイント

14時ごろから釣り開始
波はちょっとあるが、風が無く釣りやすかった

釣り開始からアタリが頻発

最初はベラでしたが…それからはサンノジサッシュ
ウキが良い具合に入って行き、潮に乗り、ラインを弾いて、かつ、サシエがもってるとアタリが
体感ショックです

そんな中、モンスターも
ドラグをならして突っ込んでいきます
サンノジかい!?って思うような引き

底モン!?

竿の腰がないので、止まりませんし、浮いてきません
大きすぎて浮いてこないと思いたい

サンノジラッシュが終わると…鯛の登場
20cm代後半と小さいが鯛は鯛

16時ごろから漁船が連なって登場
周りに網をボンボン投入

同時に海が急に荒れてきて大波ザッブ~~ン
東よりの風ビュ~~~

そろそろ帰ろうかと最後の1投
荒れてできたサラシの先端に投入して、ウキが入っていったそのとき
激震が!!

このアタリは青物です
沖に向かって猛進
ハマチか?カツオか?なんなんでしょう!?!?

もちろんラインブレイクです
納竿

結構楽しめた2時間半でした