5月29日(土)大潮

Taka、Snashi、Kenji、Satoruの4人で恵比寿裏浦に釣行

今回は結構前から予定してた釣行です
お世話になる朝生渡船の乗り場に4:30集合して出発!!

天気は良好(平年より結構低く、朝方は寒いし、昼間も気温上がらず)
風は北~北東が平均5~6mの予報

港の入口に差し掛かった…4:30前にSatoruからTEL…
「まだ着かないですか~?朝生さんも来て、皆さん船に乗ってますよ~」
急いで準備して乗船して、出船

客は10人位

阿瀬比4番に2人、4番コブに1人おろし、沖磯に向かって…中のハエに着ける
我々4人中のハエに下ろすつもりだったようです

このとき既に沖のハエには3隻磯着けしてました
日の出時間頃に渡礁、底物1人船着きに上げ
ソエバエにも上げてました

さっそく準備して釣開始
ちょっと前はコマセをまくと大きなグレらが乱舞してたとか、クーラーも満タンになるくらい釣れたとか?
沖のハエでも同じ時期に1人で45cmを頭にグレ39匹の好釣果
そんなの聞くと期待はしちゃいます

TakaとSatoruはスベリで、Sanshiはサザエバエ向き、Kenjiはソエバエ方向で釣開始

1005295.jpg   スベリから金輪~沖のハエを望む

1005291.jpg   Sanshi朝1の釣座からKenjiの釣座を望む

釣り始めて直ぐスベリで釣ってたTaka何やら大物をが掛ける
結構な引き、竿も曲がっとります…が、シモリでラインブレイク!!
巨グレか??
あとは23cmくらいのグレを釣り、Satoruの飯用にキープ

が…この時Satoruのクーラーにほり込む時…事件?が!!
なんと…小サバがキープされてます
サバが食べれないSatoruなのに釣れなかった時様に既にキープか??まだ釣り始めて直ぐなのに…

SanshiとKenjiはゆっくり仕掛けを準備して
Kenjiは風裏にもなるしちょうど正面からまっすぐ潮が下るし釣良い安全な場所でオーソドックスにBウキに2ヒロちょっとから様子を見ながら棚を上下しつつと思い釣開始

Sanshiは前の大きなシモリは気になるが…サザエバエ方向の釣座から釣開始
下り潮はやくソエバエあたりまで一気に行くが…ウキごと沈ませながら探ると…しばらくして大物HIT!!
が、途中前のシモリに触れたのだろう…道糸からラインブレイク!!
しばらく釣るも釣り難いし、潮もちょっと引いたのでKenjiの横にお邪魔して並んで釣り再開

1005292.jpg   KenjiとSanshiがならんで釣ってた釣座からソエバエを望む

しばらく魚の音沙汰もなく、走ってた下りも緩みヘロヘロの下りに
ここで、イサギの地合い到来
まずは全層沈め釣りをしてたSnashiにイサギが3回HIT!!針外れもあり2匹GET!!
直ぐに、軽~い仕掛けで半誘導沈め探り釣りをしてたTakaもイサギ3匹GET!!

途中からTakaもスベリからこちらに移動してきて…風が強いのもあるようだけど…ど~も寒いらしい
移動してきてからTakaが時々Kenjiの様子を見たり、アドバイスをしつつ…Kenjiもグレとイサギとベラを釣る
これからいろいろと釣り方等を覚えていっぱい釣ってほしいものです

この時、釣れていないのはSatoruのみでKenjiが釣った時は流石に凹んだらしい
この後Satoruもイサギが釣れた時のうれしそうな顔が…

弁当船頃からは4人ともならんで釣り

1005293.jpg 1005294.jpg

Takaが大物?連発
といっても、いづれもよそ見中に…
ラインブレイク2回?3回?
サンタさんを釣ったりと、沈め探り釣り良い感じ

Sanshiは途中中のハエをぐるりと周りながらつり、スベリでグレを釣ったり、底物の人のいた船着きでも釣るも…餌取りばかりだし、やはりサザエバエ向きは釣りづらかった

再度戻ってきて4人並んで釣りを…
Kenjiが魚おらんなぁ~って言おうとした時TakaがイサギをGET!!
魚はおるでよ~…って
Sanshiも時期にGET!!
魚はおるなぁ~…って

そんな時…Satoruに大物がHIT!!
結構引いてるし竿も曲がってる!!巨グレか?巨サンタさんか?巨イサギか?
あまりにもの引きにレバーを緩める
この時Takaは切られるなぁとおもったらしく、その通りに…ラインブレイク!!
かなり凹んでましたよ

昼過ぎからはサバが回遊してきてサバサバサバ~って状況
しばらくして居なくなるが…魚信もなく
納竿ごろにSanshiがイサギを追加して終了~

潮は終日下り潮でしたが
渡礁時のようにそれほど走ることもなく、ヘロヘロから止まったりと
潮色も船頭さん曰く、良くなくちょっと澄み過ぎ?とのこと
先週は濁ってて悔いも良く爆釣だったのに…

1005298.jpg   Takaの釣果:イサギ8匹、グレ3匹、ガシラ1匹

1005297.jpg   Sanshiの釣果:イサギ6匹、グレ2匹

1005296.jpg  KenjiとSatoruの釣果:お互いグレとイサギ1匹ずつ

旬のイサギは天候に恵まれると数が釣れるんでしょうね
あとは型がついて来てくれれば、申し分ないですけど…
梅雨グレシーズンもありますし、真夏の灼熱の磯までもう少し楽しめるでしょう

サバ、アジが回遊してくると…ウザいですが、今日はそれほどでもなくまだ大丈夫でした
風が強く北東方向からで中のハエのスベリからは真正面ですし釣り難かった
スベリで釣れてたら好釣果だっかかも…ですが…後で言ってもね
また次回です

朝生渡船で検索するとHPもありますよ~
いつかは写真を載せてもらいたいとSatoruは強く強く思ってるようです
大物を釣るか、めっちゃ釣らなければね!!

それと釣り中よそ見したり、携帯いじってると結構大物がHITしたりします?するような気がします?
今回もそう
案外殺気が竿に伝わってないのか?そんな時の方が自然とながれて行ってくれてるのか?

2010052920080000.jpg   Satoruの晩御飯
スポンサーサイト
5月16日(日)大潮

SanshiとSatoruが釣行
6時ごろ出船なんでのんびりと出発

朝5時ごろ集合して伊座利には40分くらいで到着

着くと、既に船頭さんの奥さんがいて、船のほうには船頭さんも準備中

客は自分達を含めて6人か7人

挨拶して、準備して、既に明るいので、早速出発~
目指すは水島

Satoruが先日に「水島でお願いします」って言ってたんで、船頭さんも「水島って言ってた人やなぁ」ってニコニコしてた・・・感じのいい船頭さんです

水島に渡礁・・自分達2人しか渡礁しなかったんで、水島独占

1005162.jpg  東のハナから黒髪を望む

先ずは、Sanshiが東のハナ、Satoruが船着きのサラシ先端狙いで釣り開始
が、Sanshiの釣り座からは、潮がアテ気味で下って釣り難くく、Satoruの前に行くので、暫くして船着きと東のハナの間くらいに場所移動

1005161.jpg   1005163.jpg   1005164.jpg

Sanshi・・・
まずは普通の半誘導仕掛けでスタート
HITしたのはベラ・・・リリース
次は・・・小さな小さな木っ端グレ

そこで、潮は超~ヘロヘロの下りですが、お得意?の全誘導仕掛のチョイ遠投で体感ショック!!にチェンジ
すると、ここから干潮までグレが当たる当たる

ウキがシモってそろそろ見えなくなるかなぁ~って時くらいに・・・竿先にアタリが!!
「がんばれ~!!あっ放しやがった!!それっ、もう一回来い!!走れ~」とか良いながら体感ショック

サイズは大きくなく小さいが、キーパーサイズ22~28cmを10匹程釣る(親父が干して食べるからお持ち帰り)
20cm位のも数匹来ましたが、この辺はポイッとリリース

昼前に下り潮全開!!超早い下り潮が走り出し釣り難い
それも、水島の磯際にべったり張り付くように流れ、沖に投げても磯際までス~っと引かれ寄ってくる
ウキを早めに差し込んで行き、深く入るようにして対処するが・・・来たのはオセンのみ
イサギも鯛も、グレさえも来なかったよ

走ってた潮も止まり、一面ゴミ溜りみたいになるし、干潮も相まって魚も何処へ
ここで、Satoruが休憩に入る
Sanshiは粘るも、オセンや超ミニグレと戯れたのみ

昼からも潮は止まり気味で時折、ヘロヘロの下りが行くくらい
小サバなどの子魚もわんさか、オセンやミニグレ、フグなどに邪魔されつつ体感ショックで頑張る
が・・・小さな当たりは頻繁にあり、ちょこっと走るが…針にのらず

3時ごろキーパーサイズのグレを2匹追加したのみで納竿

≪釣果≫
1005165.jpg  Sanshi グレ12匹22~28cm

Satoru・・・
この日は気合いが違います
新調した竿・オナガSPで大物対応仕様

朝から船着きでサラシの際から先端付近を普通の半誘導でねらう
が…ミニグレとオセンと戯れるのみで、午前中はほぼ釣果なし

昼前に漸くウキがズバッと入り…キタァ~~って、合わせるとメバル
場所を西側に移動して…これまたキタァ~~って思ったらサンノジ1匹
アタリ分からず回収時に釣れてたと言うカワハギ

釣れど釣れどグレは木っ端グレとオセン

ちょっと諦め気味だったようですが…
ここで、タナプロ仕掛けにチェンジ…困った時のタナプロらしいです
ウキをシらせながら…漸くキーパーサイズのグレを釣って、ほっとしてた様子

2時頃から東のハナに移動し、型は小さい数匹追加
どうにか晩飯の調達は大丈夫だった様子で、帰り時「魚はあるけんなぁ~」ってTELしてました

2010051619050000.jpg  Satoru グレ20~27cm前後5匹、23cmのメバル、良いサイズの本ハゲ

もう、太陽の下釣りをするにはチト暑いですね

ここ最近、初夏にはイサギは釣れてないらしく、やっぱり秋やなぁって
昔は良く釣れてたのにって言ってた
ピンクは基本年中釣れるよ~って

水温は出船時17度で帰り時には2度ほど上昇してたらしい
あれほど早い下りが入ってきたら水温の上がらんのやけんどなぁ~って言ってた

水島と港の間では赤潮も発生してたい
昼から12時ごろから14時ごろまでは水島のあたりはクラゲがワンサカでした

他の釣果は…
黒髪のチギレで2人でチヌ1尾とグレ3尾
フタマル?は釣れてなかったのでしょうか?14時の見回り船で帰港してました
SanshiとSatoruの釣行先が恵比寿浦から伊座利に変更に!!

土曜日に釣行予定だったが、金曜日にいつもの恵比寿浦の渡船・朝生さんに電話すると・・・土曜日は休業との事
なんで、とりあえず無しにして、日曜日はどうするかを、また土曜日にでも考えよう!となったが・・・

Satoruから20時ごろメールで、朝生さんに日曜日行くと言ってますよ~って
なんで、「4:30までに来といてよ~」っての事

気分は恵比寿浦で、SnashiもSatoruも土曜日の夕方ごろにはオキアミを解凍中
・・・が!!
18時ごろ朝生さんから「やっぱ日曜日出すのアカンわ~」ってSatoruに連絡が!!

客が僕達しか居なかったのか?少なかったのか?
漁のほうが忙しいのか??

で!!急遽どうするか??
Satoruは金曜日の晩に由岐の渡船にも探りを入れてたらしく・・・準備周到
が、寒グレシーズンならいざ知らず
Sanshiは由岐磯の船頭さんがど~もイマイチ合わなくて
SnatoruもTELの感じはイマイチ気に入らなかった様子

大島?伊島?って考え迷い・・・伊座利??
で、伊座利にTELするも1回目は不在、1時間後に掛けると繋がり・・・
「まぁ、ボチボチやなぁ~、チヌとかグレとかコッパが多いじょ~」
客はそれほどでもなさそうで、磯予約してる人もその時点では居なかった様子

宍喰でもと思ったが、片道小松島のいはら釣具から70キロちょっと・・・遠いし、日曜日やし、伊座利にでもと思ってたから、片道25キロちょっとの近い伊座利に決定!!

明日の出船は6時
納竿は16時
日の出5時出し、明るくなってゆっくりと遅い出船

2人で頑張ってきます
・・・SanshiとSatoruで行くと釣れた記憶が無いんだけど・・・まぁ、明日、海にでも聞いてみます
狙いはチヌ、鯛(黒でもピンクでも)、グレ

磯予約はSatoruに一任だけど、「まぁ、むこう行ってからでもいいんちゃうで~」って行ったのでどうなってるかは??

ちなみに29日(土)に恵比寿浦の磯にTeam釣Xメンバーが5人ほど釣行予定
朝生さんも「29日ならもうイケわ~、来いよ~、一番良いとこ下ろしてやるわ~」って言ってたそうですよ
2010.05.09 日和佐の地磯
5月9日(日)若潮

Sanshiが地磯に釣行
11時頃家を出発

まずは志和岐の地磯に…が、車が5台
下を見ると人がわんさか居るじゃない!!

断念して、日和佐の地磯にGo!!
12時半くらいまでに行かないと渡る時に濡れなきゃならないんで急ぐ

ポイントは人が居ない
別のポイントは3、4人居る

準備して山登りして磯場に…思ってたよりの潮位あり、多少濡れたよ

誰~も居ないんで、のんびりとコマセと仕掛けを準備

先ずは…先端から釣開始
潮は当て気味で右に流れる

サシエが付かない
コマセが効いてきたのか、小魚がわんさか登場
オセンか?木っ端か?イワシ?サバ?みたいな魚もわんさか見える

釣れるのはコナガ…ということは、あの魚群はコナガの大群
コマセの量も相手をするほどなく、四苦八苦

1005091.jpg

水道側も同様で…先端で頑張ってみることに

木っ端の群れを避けつつ釣ってると…ウキ気持ちよくスパッと入る
それなりに楽しめる程度の引きが…
姿が見えたのは25、6cmの元気がいいキツ
釣りあげると、やはりババたれてましたよ

1005092.jpg

16時くらいまで釣ってみるも…木っ端とキツのみ
残念
潮待ちも兼ねてのんびり片づけして、登山して帰りました

まぁ、こんなもんでしょう
グレも良いけど今のシーズン黒鯛が釣りたいSnashiです
5月5日(水)中潮

ゴールデンウィーク最後にSatoruが宍喰まで遠征気分で行ってきました。

浜部渡船に電話すると出船は5時30分なので家を2時に出発。
片道100キロをずいずい行く。
5時前に到着。

常連さんがいたのでしばらく釣りの話をして出船を待つ。

すると、船頭さんが現れるも金髪のパンチパーマと厳つい(汗)挨拶するも『おう』の一言…。
ちょっとビビる。

客は15人くらい。

出船しまず前磯へ。
沖ジャク、地ジャクと下ろし、次は南ワレに。
ここで船頭さんに『ここでやりない』と言われ南ワレのフウリンに下りる。

2010050514510000.jpg   2010050514520000.jpg   2010050514520001.jpg

先端にシモリがあり撒き餌すると、グレがチラチラ!
早速準備して釣り開始。

右からサラシが出てたんで、サラシの先端に仕掛けを馴染ますと最初ウキを引っ張ったのはフグ…。
ちょっと沖に投げると次に引っ張っていったのは30センチくらいのオナガグレ。
ボーズがなくなったのでひと安心(笑)
同じように釣ると次は25センチのオナガ(コナガサイズ?)

しばらくすると、際で40センチを軽く越えた見えグレの群れが出現!
すぐに矢引きにして狙う。
そしてすぐに喰ってくる!!
竿を溜めて浮かそうとするが、根に入られ高切れ。

ウキを回収して釣り出すもグレは消えてしばらく沈黙。

潮が満ちてきてちょっと荒れてきたので西向きに釣るとウキが消し込む!
竿がめっちゃ曲がるが、コンコン…サンノジでした。
次もその次も…サンノジラッシュ!
サイズも40~45センチとでかい…

すると、沖に泡の塊が出現。
すかさず仕掛けを投げ込むとグレがあたる。
次に同じように投げ、周りをキョロキョロしてると竿が引ったくられる。
強烈な締め込みを耐えてあがってきたのは37センチの丸々太ったオナガグレ。

2010050519250000.jpg

泡が消えてからはサラシの先端で釣りなおすと散発的に釣れて楽しめました。

帰ってみると船頭に釣れたか聞かれ答えるとニコっとしてました(笑)

ちなみに底物さんが61センチのイシダイをやっつけてました。

帰りはヘロヘロで帰りましたが、めっちゃ楽しめたので良かったです。

≪釣果≫
オナガグレ8匹(1匹締める時落とした)23~37センチ

2010050519240000.jpg

うちの猫がグレを狙ってます(笑)

2010050519270000.jpg
2010.05.03 志和岐の地磯
5月3日(月)中潮

Sanshiが志和岐の地磯に釣行

朝からと考えていたがどうも体調が良くなく・・・が、釣りがしたかったから夕釣りをと3時ごろ到着
天気はすこぶる快晴
気温は22度くらいでしょうか

釣り人は2人
先端付近で2人とも釣ってたんで、いつものポイントでスタート

エサの解凍がイマイチで初めは解けるまでボチボチと釣りを・・・

海は思った以上にうねってる!!
時折、大きなウネリが・・・2時半ごろが干潮なんで問題ないが、満潮時ならヤバイくらいのウネリ

DVC00029.jpg    DVC00030.jpg    DVC00031.jpg

うねっては穏やかになり…を繰り返す海

エサを撒き、釣りだして数投目・・・サシエの近くにカンダイらしき魚体がチラチラ
「お前喰うなよ~!」「邪魔するなよ~」
と思ったら・・・案の定・・・ウキがスパっっと気持ちよく入る

「ほぉ~お前喰ったか」ってな感じで呆れ気味でファイト開始
が・・・本日はハリス1.2号・・・勝負にもなりません
5秒くらいは溜めてたでしょうか・・・あっけなくチモト切れ

気を取り直して釣ってるとアタリが・・・デカフグです
切れろ~と思ったら、丁度抜き上げ時に噛み切ってくれました

暫くして・・・再びアタリが・・・小長グレちゃんです
このサイズがここにも・・・そろそろコッパがウジャウジャ沸くんでしょうね

この後は暫く沈黙
先端の人が帰ったので、5時ごろ先端に移動
ウネリもだんだん大きくなって、時には洗濯機状態の海
荒れ具合は良いんだけど・・・肝心のチヌが居ない

たまぁ~にウロウロするカンダイはどうでも良いとして・・・何処へやらです

そろそろ止めようかと思ったらウキがスゥ~~っと
・・・来たか??
合わせると・・・軽いけど魚は付いてる
20cmくらいのカワハギでした

DVC00032.jpg

もって帰ることに
家でさばくとチョッと磯臭い?内臓が臭かった?とのこと
カワハギの美味しいシーズンも終わりそろそろ匂いも出てくるんだろうか??

チヌには巡り合えず納竿
せっせと山を登ってきました
日暮れで涼しかったからまだ平気でしたけど、日中を思うとやはりゾッとします

最後まで釣りをしていた家族連れの人がいて、先端の裏向きでずっと釣ってた様子
磯際付近で魚がチラチラしてたんでしょうね
せっせと狙ってた様子
先端付近に移動したときに聞こえが話の内容が・・・
「めちゃデカイ魚がかかって、沖のほうに一気に走っていって切れた」
「あれはマグロちゃうかな」
・・・ってマグロやこんなとこに居るかいな~ってツッコミたくなったよ
カンダイや!!カンダイ!!

ひったくって行ったんでしょうね
カンダイ狙ってカンダイと遊ぶのも良いかもね
5月2日(日)中潮

TakaとHossyが恵比寿浦の磯、いつもの朝生渡船で釣行。
午前5時集合で上物7人、底物4人
久しぶりのHossyに朝生さんもご機嫌。

クジラに1人降ろし沖磯に
Hossyいつもの船酔い(爆)
待つこと数分底物2人と中ノハエに降りる。

1005022.jpg  久々の釣行のHossy

2人でスベリ方向に釣り座を構え釣り開始。

1005023.jpg   1005024.jpg

ファーストヒットはTaka
サラシの先から30m程流したところで竿をひったくる。
結構引きます、竿たたいてます。
Takaの頭に放射線部のアイドルひ○みさんのビーチクが浮かぶ(笑)
しかし浮いて来たのは45cm程のサンノジ。

続いてHossyサラシの先でヒット
いつものように太糸&強引なやりとりで魚を浮かす。
浮いてきたのは48cmの黒鯛。
さらにサラシの中でもヒット
今度も強引に浮かしにかかると60cm程のスズキが見える。
しかしちょっと強引過ぎたか、糸が痛んでたのか
道糸から痛恨のラインブレイク。

その後2人でコッパグレを追加し鯛ねらいに・・・
しかしこの日は潮が走らず2人して撃沈。

Takaは鯛ねらいをあきらめグレをねらうも
5回連続のハリス切れ。
魚がでかいのか、ハリスが細いのか、お手手が悪いのか???
最後にはHossyに竿が悪いと言われるしまつ。
この日は底潮が冷たかったらしく魚の食ってくるタナが深く
魚に主導権を握られぱなしでした(言い訳)。

Hossyは得意の磯際に切り替え中ノハエ半周ほど釣り歩く。
30cmのサンノジと38cmのブダイを釣り上げる。
気持ち悪いと言いながらもブダイを持ち帰ることに。

昼過ぎに2人スベリにもどりど干潮ながらも
30cmほどのグレを追加し納竿。
終日適度にアタリがあり、程々に楽しめました。
しかしTakaはかなりヘコんだ1日でした(悲)。

釣果
Taka グレ1匹(31cm)。
Hossy グレ2匹(25cm、30cm)黒鯛1匹(48cm)ブダイ1匹(38cm)

1005021.jpg

同日ソエバエと阿瀬比4番で鯛が釣れてました。
グレはザアザアで45cm。
みなさ~ん桜鯛の季節ですよ~ってもう終わりかな(笑