5月31日(日)小潮

TakaとSanshiとSatoruで釣行。
久しぶりの釣りです。

阿瀬比沖で漁船が転倒して、保安庁?が捜索中でした。

海はウネリで結構荒れてました。

4時半集合で45分ごろ出船。
沖のハエに上がり、ナデアゲ、土手、船付と沖のハエを独占。
でも、ナデアゲも土手も被っていて殆ど釣り場所なし。
船頭も裏側で釣れとアドバイスして去っていきました。

TakaとSatoruが船付付近から裏側で、Sanshiは土手で釣り開始。

開始早々、Takaが47cm程度のチヌをHIT!!
続いてSatruもチヌをHIT!!37cmと丸々肥えた47cm程度。
そんな中、Satoruの竿に大物?がHIT!!
ドラグが唸り止りません。テンタクルが曲がります。
正体は分かりませんが、竿の操作が・・・もう少し余裕のあるやり取りが出来ると・・・
1日で6回程度大物によるアタリ?でバラシ。
何か、自信を失ったみたいです。
船頭さんに「隣でバラシ過ぎたら釣れるモンも釣れん様になるでよ~」を忠告を受けてましたよ。

20090601075122.jpg  Satoruの釣座

暫くすると、ミニグレが釣れ出したので、ポイントを少しずらして釣ってみると・・・ウキがシワ~~と沈み、スッと走りました。
グレHIT!!
浮いてきたのは尾長グレ。
30cm前後でしたが口太とは違う引きを楽しめたようです。
終日Satoruは船付付近で竿をだし、チヌ2尾、28~35cm尾長グレ6尾、コナガ多数、サンノジを釣るも、6回のバラシが悔やまれた1日でした。

20090601075538.jpg  Satoru、尾長グレをHIT!!これは無事タモに収まる

2009053115240000_convert_20090601180752.jpg  Satoruの釣果

Takaはチヌを釣って直ぐ、ナデアゲの方に移ってイサギ狙い。
今日はイサギが本命のよう。
潮も早くあっという間に100m出ちゃうらしく、また、サラシが大きすぎ、ラインも取られ四苦八苦・・・上手い事行かなかったようですが・・・サシエが付かなくなって来てから暫くして20cmちょっとのイサギ。

船頭曰く「荒れてたらイサギは喰わない」らしい
タナを少し浅くしたら、直ぐさま、30cm程度のグレがHIT!!
荒れが酷くなってきたので、Sanshiが釣っていたアジのポイントでアジを釣るも上げるときに結構落としたらしい。
勿体無い。

土手からも終日流して狙うも、イサギは1匹のみ。
チヌ1尾、尾長&口太でグレ3尾、イサギ1尾、アジ

Sanshiは15~20cm程度のアジが釣れるので、10時ごろまでせっせと晩御飯のおかずにとアジ狙い。
1投1匹でアジがかかるが、ウネリによる荒海のため高場からの釣りとなり、抜き上げるときに結構落としましたが、16匹ほどGET!!

20090601075235.jpg  Sanshiの釣座

20090601075325.jpg  釣座から金輪、中のハエを望む

Satoruが大物と戯れ?ているのが楽しそうなので、もう少しアジを釣りたかったが、我慢しきれずグレ狙いに変更して場所移動。
アタリがあり尾長が釣れる中、結構大きいかもと思うアタリが・・・
ウキがス~~スパっと消しこみます。
慎重にやり取りして浮いてきたときは40cmオーバーと思ったが、丸々肥えてた40cmに少し足りない尾長でした。
32~39cm尾長グレ6尾GETで尾長の引きと競剣の曲がりを堪能しました。
さすが競剣といった所でしょうか?
まったく問題有りませんでしたよ。
33~39cm尾長グレ6尾、15~20cmの平アジ16匹、コナガ多数。

20090601075922.jpg 大きいのが40cmちょっと切るくらい

20090601075659.jpg  平アジの美味しいサイズ

今日は良くアタリもあり、満足な1日でした。
Sarotuも大物と戦えて満足だったのではないでしょうか?

《ご忠告》
Satoruくん魚の保存にクーラー借りといてなんだけど、保冷剤じゃなく、氷が要りますよ。
ブロックの大きいのが。
クーラー自体あんまり冷えてなかったし、魚のキュッと締りが無かったですね。
グレはまだしもアジはべチャッとして刺身には・・・焼きは大丈夫ですが・・・
基本氷締めが必要ですよ。
特にこれから暑い時期は・・・
スポンサーサイト
2009.05.09 日和佐の地磯
5月9日(土)大潮

TakaとSanshiとSatoruが地磯に釣行。

GW中は真鯛にチヌに好調でしたので、少しだけ期待して・・・準備万端。
夕マヅメからの夜釣りです。

結果はボウズ。
Takaのみガッシーを釣ったのみ。
Satoruが持って帰るといって貰いに行くも、既にリリース。

潮も悪くエサ盗りさえいないような状況でした。
犯人はSatoru!!

行くと水温を3℃下げると言われる男です。
皆さん、連れないときにこの男がいたら犯人は間違いなしです(笑)
5月6日(水)若潮

Takaが子供とキス釣りに和田島にGo!!
釣時間は日没前の1時間半くらい。

開始早々、良方の20cmちょっとのキスが数匹釣れた様子。
でも、ジンタはたくさん釣れるが、キスの数釣はもう少し先かな。

結果7、8匹の釣果でした。
型は揃うが、数も揃うのは梅雨明けくらいでしょうか?
夜キス狙いの季節はもうそこですよ~♪

convert_20090507175407.jpg
2009.05.05 日和佐の地磯
5月5日(火)長潮

こどもの日ですが、生憎の雨模様。

Sanshiが日和佐の地磯にリベンジ釣行。
結果は50cmオーバー含むチヌ3尾。

夜明けとともに出発。
途中雨がパラパラと・・・天気予報は曇りだが今日はハズレです。

着くとさすがに釣り人は居らず。
低気圧のせいか、台風1号のせいか・・・うねりで波高し。

ぎりぎり渡れるかどうかの潮位で、波が来ると危険。
磯場に渡るとき、タイミングを見てジャンプ・・・が、波がフェイント。
引くタイミングのはずが、満ちのタイミングに・・・ビショビショになっちゃいました。

準備して6時過ぎから釣り開始。
先ずは、真鯛のポイントで暫く釣ってみるが、弱い北風とうねりによるサラシで釣り難い。
沖へは流れるが、どうもしっくりこないんで、止め。
何時ものお気にの水道側へGo!!

今日はこのポイントがめちゃ釣れそうな雰囲気プンプンです。
写真に撮ってたら良かったと思うほど、此処を狙うと釣れますよ~って海が言ってるみたい。
釣り座の両サイドから弱いサラシがでて、20mくらい先でサラシの先端がぶつかって、その少し先に潮の淀み・・・潮の動き具合も良い感じです。

釣り始めて直ぐ、答えは出ました。

ウキがスッと入り、合わせると、チヌ独特の心地よい引き。
元気良く叩いてくれます。
本日のロッドは銀狼。
曲がりと感触を楽しみつつ、浮いてきたのは46cm程の美しい銀狼。

09050502_convert.jpg  綺麗な姿の46cm

タモで掬って直ぐ、コマセをポイントに数杯・・・ポイっと。

リリースして再び。
数投目、スッとまたウキが入ります。
合わせると、チヌですが、結構強烈な引き。
チヌごときですが、初めてレバーを緩めてしまいました。
まぁ、でも、最初だけでした。威勢が良いのは。
浮いてきた時は、年無しを確信。
50cmオーバー大きな頭と図体で、姿は美しくなかったです。
要らないので、測ってポイっ。

09050503_convert.jpg  51cmの年無しチヌ

で、この時トラブルが・・・タモで掬って、上げてた時に・・・ポキっと玉の絵が折れちゃいました。
重かったけど・・・折れるか、普通。

09050501_convert.jpg  このとおり

新しいのを新調しないと釣りに行けません。
帰ってオークションチェックです。

このまま帰ろうかと思いましたが、この潮の感じが何時まで続くか分からないし、地合なんで、釣って見ます。
釣れたらどうし様かと思いながら・・・直ぐ釣れちゃいました。
今度は元気のない、汚~~い47cm程のチヌ。

09050504_convert.jpg  不細工な汚いチヌ

磯の低いところまで誘導して、波とタイミングを合わせて、磯に上げました。

この後、2、3回アタリは有るが、どうも上手い事針にのらない様で・・・

直に、干潮の底と共に、潮が変になり、ゴミとクラゲが溜まり出しました。
雨も強くなってきたし、タモも無いし、上げるときに疲れるので止め、9:30頃、納竿です。

おっちゃんが来たので、隣で釣らしてくれって言って来たので、釣り座を譲りました。
片づけしながら、少し話をして、帰るころには、ゴミも無く、弱~~くさらしも出て、もう少しすると満ちに変わり、釣れても良いような雰囲気がしそうだけど・・・雨が冷たいし、釣れたから満足でした。

次回はゆっくり真鯛狙いでもしましょうか!!

《釣果》
46~51cmのチヌ3尾
5月3日(月)小潮

ゴールデンウィークで唯一行けそうな日ができたのでSatoruが木岐に釣りに行くことに。

若干波があってうねりが強く、水温が3度くらい下がってて微妙な空気…

朝生さんに『チヌでも狙うか』との事で地よりの磯に上がる事に。

潮はゆっくり沖に流れる感じで流しもって釣るとウキに動きが!!

出てきたのは木っ端。
えらいスポッとはいったけん期待したのに(T_T)
その後は木っ端がポツポツ釣れるもいい型は出ず、潮が止まりゴミが集まりだし
たので磯代わりをする事に。

しかし渡す磯がなくどんどん湾内まで帰ってきてしまい、なんとか磯につけるも
底まで丸見えのポイントへ(笑)

そこできましたよ!
三連発!!キタマクラが(笑)

2009050312150000.jpg  写真用??

もう爆釣です(-_-;)
針は色へげてゲジゲジです。

2009050312150001.jpg

10投して7匹釣りました……
そうこうしてる内にお迎えがきてしまい、終了。

今日はほとんでボウズだったそうです。
次の釣行に期待です!
2009.05.02 日和佐の地磯
5月2日(土)小潮

TakaとSanshiが釣行。

結果から・・・やっちゃいました!!
ピンク来ちゃいました~~!!
真鯛って言ったほうが・・・皆には分かり易いかな?

前日は飲み会で朝帰りの途中、エサを買い、13時待ち合わせで、それぞれ帰宅。

昼前から南の風が吹き出し、嫌な感じです。

釣り場に着くお目当ての釣り座には人は無し。
せっせと山を越え、15時くらいから釣り開始。

Takaは先端沖向きに、Sanshiは何時もの水道側。
Sanshiは音沙汰無く、そのまま撃沈。

Takaはコナガが2匹釣れるも、消化不良気味で時間が過ぎる。
鱗のデビュー戦なので、初めに大物を釣っておきたいところ。

夕マヅメに差し掛かったときに・・・遂に遂に・・・来ちゃいました。
ボ~~ッとしてて、煙モコモコ吹かしてたら、ラインがバチバチ~~と!!
合わせると元気良く引きます。
鱗も綺麗に曲がってましたよ♪

チヌかなぁ~なんて言いながらも、結構しつこい。
結構なやりとりの末、姿を見せたのは45cmくらいに真鯛。

09050201_convert.jpg  待ちに待った真鯛です。

めちゃめちゃ綺麗でしたよ。
釣れるとは聞いてたけど、ホンマに釣れちゃいました。
それも地磯からだし、その辺で・・・遠投なんてしてません。

続けて、チヌがHIT!!
誘いをかけると、まんまと喰ってきました。
これは先ほどのヤツに比べると、どぉって事無いです。
浮いてきたのは、これまた良型の45cmくらい。

そして、薄暗くなった時に、もう1発・・・チヌです。
これも同じくらいの型です。

09050202_convert.jpg

暗くなるとアタリ無く、そのまま納竿。

Takaは久々のピンクで満足したようです。
鱗は鯛の竿ですから、黒でもピンクでも釣れて当たり前ですね。
このまま、良い癖が付いてくれると良いですね。

《釣果》
真鯛1尾、チヌ2尾、コナガ2尾