2009.04.26 日和佐の地磯
4月26日(日)大潮

Sanshiは日和佐の地磯に釣行。
久しぶりの日和佐です。

朝早くおきて、志和岐の地磯に行こうと思ってたんですが・・・朝方の暴風凄かったですね。
メチャクチャ吹いてましたね。
で、一応断念して、睡眠に戻りました。

でも、7時ごろ起きると、天気も良いし、風も無い。
・・・で、早速用意して出発です。

釣り場に着くと、やはり低気圧のせいでうねりがありました。
釣り人は、渡船で着てた人が1名と地のほうに1名。

タイミングを見て渡り、渡船で着てた人の近くに釣り座を構えて、釣開始。

マキエを撒くと、エサ取り全快です。
オセンはいなかったけど、木っ端と小魚(サバ?)の乱舞です。

そんな中HITしたのは尾長グレ・・・大きさからコナガですね。
木っ端、木っ端、ベラ、木っ端、木っ端、小魚って感じです。

10時ごろから風も出てくるし、コナガしか釣れないし、チヌも居ないしで萎え気味。
また、気温も低く、薄着で行ったのが失敗で、寒いのなんのって・・・
12時ごろまで粘りましたが、諦め納竿。

コナガはニャンコのエサにと思って数匹もって帰りました。

090426_convert.jpg
スポンサーサイト
2009.04.19 志和岐の地磯
4月19日(土)小潮

SanshiとSatoruが地磯に釣行。
久しぶりの釣りです。
朝暗いうちに到着して、少し明るくなるのを待って山下り開始。

チヌのノッコミがあって欲しいのだが・・・

Satoruが先端に釣り座を構え、Sanshiはその他に。

釣り始めるも、魚の反応無し・・・
浮き下を広くすると、根がかりや海藻?にかかり、SatoruはウキをSanshiはクッション水中を損失。

そんな中、SanshiがHIT!!
コンコンと叩きます。
チヌ?と一瞬思ったが、叩くが何か抵抗が少ない。
浮いてきたのはボラ。
浮いてきてからはしつこかったです。
何やら競剣はボラが良く釣れる竿になっちゃってます。

直ぐに、Satoruは24cmのガシラをHIT!!
で、ガシラごときブチ抜きゃぁ良いのに、鱗海の柔らかさにあたふた?でブチ抜けず、タモで掬ってました(笑)

10時頃だったでしょうか・・・ついにヤツがお目覚めで、朝食を兼ねて海中散歩に動き出した模様。
Satoruが4発立て続けに、モンスターをHIT!!
ウキがしもって消しこみます!!
合わせると、もの凄い引き。
止まりません。

が、全敗。
成す術なし状態だったらしいですよ。
姿は見ることが出来なかったので、60cm級の石鯛か??
多分カンダイなんでしょうけど、サンバソウが釣れたりするので、石鯛ということに(笑)

後は、Sanshiがメバルを釣ったのみで、沈黙。
12時前に納竿。

お魚はSatoruがお持ち帰りで、煮付けにしたようです。

2009041816510000.jpg

去年の今頃はめちゃくちゃノッコンでたのに、今年のノッコミは何処に・・・
2009.04.02 志和岐の地磯
4月2日(木)小潮

Sanshiが休みなので朝から志和岐に釣行。

天気予報では風がビュービュー10m以上の予報ですが、朝方は北西だし大丈夫と思い行って見ると、予想どおりほぼ無風。
海はベタベタで潮も動かず、超澄んでいて底まで丸見え、湖のよう。

結果は釣果無し。
でも、今日もモンスターに戦いを挑まれ、敗れてきました。

サシエは盗られたり、なかったり・・・何時ものポイントはまったく喰わない。
底の方で魚体は見える。
磯際から出てきては戻るヤツ、悠然と際を泳ぐヤツ、そしてボラの大群。

姿からして悠然と泳ぐヤツは、多分、カンダイ様。
チラチラ出てきては捕食しては戻るのは多分チヌ・・・かな。

どいつもこいつも、デカイ図体をしてました。
やっぱ見える魚は本当に釣れないですね。

四苦八苦しながら、遠投してシモリ?海藻?付近を狙う事、1投目・・・ウキがズボッと消しこむ。
ようやく掛けた1尾が、強烈な引き!!
ギュイ~~ンと銀狼が綺麗に弧を描く。
潜り込もうとするのを耐える。
グイグイっとアクションがあった後、もう1発ギュイ~~ン!!
暫く堪えるが、ハリスは1ヒロ半しかとってなかったので、ウキの下から根ズレでとんだ・・・ショック。
道糸はザラザラでした。

クッション水中が道連れ・・・こちらがショックがデカイ。
もう手持ちの在庫がない号数だから今度買って補充です。

それ以降アタリもなく、風向きが変わり、釣り場は風が俟って、左右前後彼方此方から吹いて釣りにならない。
途中、クッション水中が磯際を流れていく??
バラしたヤツが引き連れて泳いでました。
タモで掬ってやろうと思ったら、水中に消えていきました。

そんな時、突風がコマセの残り少ないバッカンを海の中に飛ばす。
受け三郎が海藻に引っかかってくれたので、急いで救出して納竿。
洗う手間が省けたので、片付けは楽チンでした。