12月30日(火)中潮

今年の釣り納めとして由岐の磯にTaka、Kuni、Sanshi、Satoruで釣行。
北西の風が強く、昼頃から北の風に変わり、波も高くなるとの予報どおり。
朝方は風も弱く、波もベタ。
6時半過ぎに出船。
釣り人は多く、25人程度。
上磯を選び、抽選の結果、SanshiとSatoruは1番船で、TakaとKuniは2番船。

SanshiとSatoruは大バエに3人と後から1人来て釣り開始。
Sanshiは開始1投目に39cmのグレ、2投目に30cmのグレを釣るも、途中タカノハダイを釣ってからグレの気配が遠ざかる。
昼過ぎに漸くアタリが来るが、ハリス切れ・・・残念。
サシエは獲られいたが犯人は分からないまま納竿。
Satoruは23cmのガシラを釣るが、アタリ無く、お気に入りの伊島のようには行かず、強風に悩まされいた様で、撃沈。

TakaとKuniはオチに。
足場が悪く大変だったようです。
Takaはカワハギと20cm位のアジ(赤)20匹程度を釣るも、グレのアタリは無し。
Kuniは40cm近いイシダイとグレ1尾、サンノジと2回戯れる。
チョロチョロ糸を出して切られたのがあった様です。

Takaは12月に入っての木岐、牟岐大島、由岐とグレのアタリ無く、モヤモヤしたまま今年は納竿。
最近の不調はクリームパンの呪いという噂も有るとか無いとか・・・?。
Kuniは調子がいい様で、いろんな魚を釣った1年だったのでは・・・。
Sanshiは最後にグレの顔が拝めて良しとしときます。
Satoruは今まで釣ってるし、今回は無かったことにしとくとか、しないとか・・・?

ムギバエのチギレで47cmのグレと大バエの船着きで44cmのグレをやりつけてました。
瀬のハエの東では大物のアタリが7回?あったも、獲り込めたのは2尾。
下磯の釣果は不明です。
スポンサーサイト
12月28日(日)大潮

Satoruが伊島に単独釣行してきました。
出船は朝三時からで、行きしな温度計を見ると0度…めっちゃ寒い(;´д`)とりあえず3時に船に乗り出船。
3時の船には9人。
で、みんなお目当ての場所にドンドン降りて行く中、船頭さんに『にいちゃん、ちょっと高い所やけど行くで』と言われて行ったのが唐人の東。

2008122812000001.jpg  唐人東

ここは釣座は海面から4~5mありました。足場は良い方だと思うんですが、高所恐怖症なんで、かなりビビりました(--;)

日がでるまで暇だったので岩の間で就寝。寒さで六時半くらいに起きて七時くらいから釣り開始。
風はほとんどなく、波も凪でかなり釣りしやすい状況(^^)

ポイントは沖にあるシモリと足元からでるサラシの先で、最初サラシから流して見るもののアタリ無し。
次にちょっと遠投しながら沖のシモリに流していくと、ウキが横に走った気がしたので、糸を張りぎみにすると、アタリの感触が!
アワシて上がってきたのが36cmのグレ。
このあと、同じようにするもアタリ無し。

30分くらい休憩してから釣りを開始して、次は足元のサラシから流すとウキがスッと入って上がってきたのが、29cmのグレ。
このパターンで最大の38cmを含め5匹釣り、11時まで釣れ続けました。

2008122817040000.jpg  自己最高38cm

2008122817050000.jpg

それ以降は全く反応がなかったので、12時半に納竿。船がくるまで就寝。
帰ってみると、丸山の西のほうで同じ時間に乗って行った人が42、41cmのグレをあげてました。

今回の釣果
グレ 38、36、29、28、28、27cmの6尾
12月28日(日)大潮

TakaとSanshiが先週延期になった鬼掛の釣り大会に参加しに牟岐大島に。
天候は良く、風も弱い釣り日和。
朝方は-2℃と冷え込んで海面から湯気?がたっていた。
水温も19度くらいで、前日より上がっていたそうだ。

朝のクジでTakaは4番クジ、Sanshiは24番クジ・・・25名の参加だったのでケツ2です。
Takaは1番船で、Sanshiは2番船で出航。
石切り場で抽選の結果・・・1番船は2番区域、2番船は14番区域。

Takaは三角という磯に渡礁。
底が見えるほど浅く、生体反応も無し・・・磯代わりせず終日粘るもサシエが残ったまま。
釣果はグレ0匹。

Sanshiはタニハンの地に渡礁。
こちらも底が見えて浅そう・・・生体反応はあるが、ベラとフグばかり。
1度それなりの大きさの魚のアタリがあるが、コツコツ振ってたのでグレではない・・・針はずれ。
アジを3匹釣って、磯代わりで木村に。
こちらも、生体反応無く、1度グ~~っと引くが、スポっと針はずれ。
釣果はグレ0匹。

25人中、計量は6名。
1位(中のハエ)は3匹、2位(??)と3位(新ホリモン)は2匹。

馬ノ背で釣りをした名人はグレ8匹?で竿3本くらいで喰って来たそうです。
基本竿2本以上は必要との事。
また、上潮は流れていたが、底潮は止まっていたようで、釣るにも、沈めるか、ウキを引き付けて釣らないと駄目だった様です
一方、名礁ヤカタではグレが沸いていたそうだ。

ストレスが溜まった1日で、このまま今年の釣り納めとは出来ないので、リベンジ釣行を!!

※大島は釣れる気がしないんですよね・・・グレは一級磯以外は釣れてないし・・・魚影も薄い??
延期になってました、第3回Team 釣X Fishing Cupの日時、場所が決まりましたので、お知らせいたします。

日時: 1月11日(日)
場所: 牟岐大島

《競技規定》
・タックル制限なし
・竿の使用は1本とします。(予備竿の持ち込みは認めます)
・ハリは1本に限ります
・磯釣に限ります
・使用エサ、配合は自由。但し、カゴ釣りは禁止。

《対象魚》
グレ1尾長寸(ただし、25cm以上)

《賞品》
グレ最長寸(大物特別獲物最長寸)
同寸の場合、2匹目の寸法、以下3,4・・・匹目で決定(しかし25cm未満であれば対象外)
あとはジャンケンポンで決定
いずれにしても25cm以上の獲物を狙ってがんばってください。
※特別賞(他魚賞):グレも含む(イカ、タコ含む)最長寸1尾の上位1名。

111.jpg
12月21日(日)小潮

Takaが木岐磯に単独釣行。
大会が中止となり、餌を買ってしまってたため、土曜日に渡船にTELしたところ、『断ってたけど、しゃぁ~ないけど、上げてやる』とのこと。
朝はゆっくり出航だったようで、客は上物2人と底物1人。

沖のハエ(ナデアゲ)専門の渡船が珍しく客を上げてなく、午前中は大丈夫だろうとの事で上物の2人で渡礁。
やはり悪天候。南の風で波も高い。
強風で仕掛けが馴染まないのでグレ狙いは難しい。
沖にはナブラ(湧き)が・・・せっせとコマセを撒くと近づいて来たので、狙うと・・・カツオ。
帰って調べると、正式にはマルソウダ。
ソウダはヒラとマルがあるが、マルは血合いが多く生では基本駄目な方。
加熱すれば問題ないとの事ですが・・・

途中ダブルHITもあり、カツオが走りまわり絡む事もあったそうです。

昼の見廻り船で風波とも強まってきたので撤収。

釣果は35~38cmソウダ6尾。
そのうち3尾をSanshiが頂きました。
12月21日(日)

Team ONIGAKE 親睦釣り大会(牟岐大島)の開催が悪天候が見込まれるため中止。
12月28日(日)に順延となりました。
12月19日(金)小潮

伊島(丸山)に今回はKuniとSatoruが出陣。
天気は良好!風無し、波無しで釣日和。

朝5時10分から出船で波シブキを上げながら丸山という磯に上がることに。
この磯は地磯かと思うくらい大きい磯です。

2008121911330001.jpg  伊島 丸山

何ヵ所か良さそうなポイントがあり、丸山の真ん中から沖の方にあるシモリで、流していくとウキが入りそうな感じでした。

2人とも沖のシモリを狙い釣りスタート!釣りはじめてそうそうにKuniがグレを釣り上げ、周りの竿も曲がりだしていい感じの雰囲気に!

2008121911340000.jpg  レジェンドが弧を描く!?HIT!!・・・か??

しかし、1尾釣り上げたが、ちょっとの間で沈黙…

9時ごろから沖のシモリ辺りでウキが入りだして時合いがきた感じでパタパタっと釣れたのですが、Satoruは取り込むのにモタモタして目の前での針ハズレ2回とうまく取り込めてなかった。
根ズレのバラシ3回。
Kuniも何度かハリハズレがあったり、皮一枚で上げたりで、喰い込みがあんまりよくなかったんでしょうか(@_@)

潮が満ちてきて釣り座が波でかぶってきてSatoruはバッカンを流されたくないので、移動することに。丸山の端で波がない所で釣りをすると、36センチのグレがあがってきました。

2008121910390000.jpg  自己記録の36cmぼグレを手にニッコリ
  
それを最後に沈黙したまま終了。

釣果はクニが35、34、32、27で、サトルは36、29、26の計7尾でした。
他の磯では結構釣ってる人は釣ってるみたいでした。

2008121916030000.jpg  Kuni釣果

2008121916410001.jpg  Satoru釣果
2008.12.18 阿部の地磯
12月18日(木)中潮

Sanshiが阿部の地磯に単独で釣行。
朝はゆっくり明るくなってから家を出発。
今回は久しぶりに志和岐の地磯に行ってみようと立ち寄ると、既に車が2台止まってたんで阿部の地磯に変更。

0164.jpg  穏やかに見えますが・・・

0165.jpg  こんな感じです

8時頃釣り開始。

ウネリでサラシが大きく出るときがあり釣りにくかったが、風はほぼ無風で問題なし。

先ずは幸先良く、ミニグレですが、グレがHIT!!
次にHITしたのが25cm程度のアイゴ・・・コツコツと、引きは楽しいですね。
暫くするとマキエに反応するアイゴの群れが・・・飯用に狙ってみる。
餌を獲るのが上手い!!ウキがシワ~~ッと沈むが、針になかなかのってくれません。
0αのウキ、グレ針3号にして6匹追加。
途中の針はずれも6、7回程度あり。

餌も残り少ないし、アイゴの姿の何処へやら・・・狙いをグレに変更!!
ウキを沈めながら探っていくと、水中でウキがスッと走り、あわせると・・・34cmサンノジ。
Kuni曰く、旨いとの事なんで一応持って帰ることに。
針を変え、気を取り直して、次投・・・シモリ出した頃ウキが消し込む!!
ウキは何処??油断してたので、合わせが遅れ、主導権はむこう側。
勢い良く引き、A-one Classicが綺麗な弧を描きます。
猛烈な突っ込みに弱気になって、チョロッと糸を出すと・・・プツン・・・チモトから切れました。
サンノジを吊り上げたときに傷みがあったのか??
正体は分かりませんが・・・巨大サンノジか?大グレか?それとも、ウロウロしてたボラか?メチャ悔しかったです。

0166.jpg

まぁ、アイゴのアタリも多々あり、大物の引きもありましたし、結構楽しめました。

で・・・噂のサンノジの味は・・・多少の磯臭さはあるが、味は無く淡白で身は結構弾力があり硬く、感じとしてはイシダイ、イシガキ系。
旨くは無いが、不味くも無い。
刺身で食べるとチョッと臭さが気になるが、カルパッチョで食べると大丈夫でした。
ムニエル、ホイール焼き、醤油漬けとかで食べると旨いかも・・・
残った半身は猫の胃袋に入りました。
アイゴは焼いて食べた・・・こちらはめちゃくちゃ旨い!!
ヤバイですよ。残りは干して焼きです。これもまた旨いんですよ~

《釣果》 8時~14時
アイゴ20~25cm7尾、サンノジ34cm1尾、ミニグレ3尾
12月15日(月)中潮

Sanshiが伊座利に親父と釣行。
親父が居るんで、渡船が大きくで磯渡しが楽チンなということで伊座利。

天気は良いが、北風が強く、時には飛ばされそうになるくらいでした。
波は少しウネリがある程度。たまにドデカイのが来て磯を浚ってきけど・・・

7時出船。
釣り人は僕たちを含め出船時は4人。
4人全員黒髪に渡礁。
僕らはチギレ、他の2人は胴に渡礁。

NEC_0164.jpg  黒髪より水島方向を望む

NEC_0167.jpg  胴方向(干潮時なら楽に向こうには行けますが、所々切れ目がある)

潮は最初は早い上り潮でしたが、すぐに下り潮に・・・
船頭さんが『水温が低いから3~4ヒロで釣れよ~』
サシエは残ったり、残らなかったりで・・・犯人はキタマクラとハゲかな
サラシと風が強く浮きが引っ張られたりでなじみがイマイチなのでBの浮きにBとBをうち、さらにハリコミを・・・沈め気味で探っていくと・・・浮きがす~~っと少し走る。
合わせると、ズシリと重みが、コツコツと頭をフルので正体はすぐチヌだと判明。
大きさは37.5cm
竿は銀狼でしたので、引きを楽しめました。

それ以外はウマヅラを追加したのみで、風が強いので昼過ぎに水島の西(ワレ)に移動。
ちょうど風裏で釣りやすかったが・・・撃沈。

黒髪の胴の釣り人は、40cmオーバーのグレを1尾と木っ端2尾とチヌを1尾。
伊座利は黒髪でしかほぼ40オーバーは上がらないそうで、後の釣り場は30~35cmくらいの型。
水島ではまだ50~60cmのツバスがポチポチつれてるようです。
12月13日(土)大潮

この日はkuniとtakaとhoshyとkenji4人で沖のハエにて釣を開始。
当初は中のハエにあがるつもりであったが船頭の到着(寝坊か?)が他の渡船より遅いために
この磯となった。
まぁ、沖のハエの方が磯的には格上げですけど・・・

まず、この日は大潮ということもあって磯に上がったのは6:30すぎであった。
波はべたなぎであったが、風は向かい風であて潮という最悪な条件のもと釣開始!!

まず、8時過ぎにkenjiの竿にあたりが・・・およそ25センチのガガネであった。
その際大きな波がザッブ~~ンとtakaのバッカンが流された!!
でも、船頭によって回収されたのが唯一の救いであった。

その後、kuniやhoshyのあたりがあったものの(尾長グレ)?
結局魚影が見えなかったためもしかしたら草や藻が絡まっただけなのかも・・・。
藻と魚は間違えること無いと思うが・・・

12時をすぎたころ磯を変えようと納竿をtaka以外の3人がしているとtakaの竿に当たりがくるが、やはり釣り上げられなかった。
しかし、それを見たkuniが再び竿を出してトライすると大物らしき当たりが・・・しかし頭のふるコツコツ感からサンノジであることが判明。
なんと45センチ級であった(止まらずドラグが結構出たそうですが)。

081213_123953.jpg

その後カワハギ1匹を釣って終了。

この日の釣果はガガネとカワハギの2匹だけでグレの顔さえ見ることが無く終了した。
今までで一番最悪な釣りの条件ではなかったのでしょうか。

結局寒さとライントラブル(Kenjiがか?)に疲れた1日であった。
sanshiとsatoruは参加しなくて正解であった・・・って、お江戸に上京してたから参加してなかったんだけどね。
Satoruは天候が自分のせいにされなくて良かったと言ってたけどね。
12月2日(火)

場所 津田の南波止(ビョウブ)

《釣果》
カサゴ15匹、メバル2匹 、アイナメ1匹

Satoruが夜勤明けで免許の書き換えの帰りに津田の南波止に偵察がてらに行ってきました。
行くと平日の3時頃なのに人がずらり…
空いている場所で釣りだすと、ウキがストンとよくはいるが、上がってくるのは
カサゴの10センチ前後のサイズ。
その中でも大きめなのを持って帰って晩御飯のオカズにして食べました。
ちなみに、ちょっと離れたところで40センチ越えたサイズのチヌを釣った人がお
りました。

※ちなみに次の日はなんだかお腹の調子が悪かったようです
11月30日(日)大潮

Kuniが伊島に釣行
天候 晴れ(水温前日から-3度)
波、風共に今日(行き久々に船酔い)
伊島 中谷磯に渡礁

グレ35cm(多分少なく見積もって) 3枚
イシガキダイ 27cm(実際26、7cm)

グレは道具掃除中に刺身に(写真)

CIMG2399.jpg

ガッキーは食中毒の危険をさけ今回家でポイ(写真)

CIMG2400.jpg

今日は非常に釣りづらい一日であったが仕掛けのチョイスがこの結果に繋がった
と勝手に思い込んでいる。