11月29日(土)大潮

Taka、Sanshi、Kenji、Satoruで木岐の磯に釣行。
5:50出船、客は15人程。
Kenji希望の中のハエには上がれず、阿瀬比の4番に4人で渡礁。

朝方は風も無く、多少のうねりはあったが、天気は良好。防寒を着ていたが、要らなかったと思うくらい、暖かかったです。

KenjiとSatoruが鼻、Sanshiはコブ、Takaはフトコロ側で釣り開始。

鼻では・・・朝方にSatoruが32cm、27cm、22cmのグレが立て続けにHIT。
そんな中・・・皆が弁当食べてる最中にKenjiのウキが消しこむ!!
Kenjiは後ろを振り向き・・・ニタ~~っとしてから合わせる。
アタリは青物らしきアタリで竿が大きく弧を描くが、ハリス切れ。
昼頃に17cmのカワハギを追加。

フロコロでは23cmのイサギ先ずHIT。続けて33.5cmのグレがHIT。さらに23cmカワハギを追加。それ以降は沈黙。

コブでは、豆アジが釣れるが・・・グレの気配無く沈黙が続く。昼頃にカワハギを追加するが・・・駄目でした。

昼前には風向きが南に変わり、風もウネリも増し、鼻はかぶりサラシもきつくなり釣りづらい。
SanshiとKenjiがフトコロに、Takaがコブに場所代わり。
Kenjiがカワハギを釣る。Sanshiもようやく、グレ?らしきアタリがあるが・・・手前のシモリに擦れラインブレイク!
Takaもサンノジと戯れて納竿。

昼頃からは悪天候で釣りに成らず、帰りの船もヤバイくらい上下し、シブキをあげてました。
当初予定の中のハエも釣果はイマイチだったようです。

今日は皆さん色々トラブルが合ったようです。
TakaとKenjiはロッドトラブル。
Kenjiは水汲みバッカンが行方不明(たぶん海中かと)
Satoruはウキを2個失う。

もう少し冬型の気圧配置になって、北西の風が吹き波が収まってもらわないと!!ウネリが邪魔です!!
何時の日か入れ喰いのような状況にめぐり合える事を期待ですね。

081129.jpg
スポンサーサイト
11月24日(月)中潮

所属クラブの大会が伊島にて行われたので、TakaとSanshiが参加。
対象魚:グレのみ

5時半に受付をし、6時半出船。
出船時かた小雨が降り出し、1日中雨の中での釣りとなり、昼前から雨足が強まり、レインスーツを着てても濡れるほどでした。
13時過ぎには波が高くなり大荒れ模様・・・納竿、即撤収。

抽選で伊島を5区域に分けた区域と降り順となるNoを引くと・・・
Takaは4-15(水島周辺)でマナイタの地に2人で渡礁
Sanshiは1-11(西長~オンビキ)でイケバエのオチに1人で渡礁

NEC_0119.jpg Sanshiの釣り場

NEC_0120.jpg 西長を望む()

23日に行われた県釣り連盟の優勝者はオンビキから出たそうで・・・オンビキに上がれるかと期待はしたが、そう思い通りには行かなかった。

Sanshiの釣り場のイケバエのオチは・・・湖みたいで潮も動かす、グレの生体反応も無し。
ウマヅラを釣るが、後はキタマクラで針の消耗が激しく、その上、デカフグも釣れ最悪。
10時の磯変わりでマナイタの地の近くの奥まったワンド内の(船頭さん曰く○谷?)まぁ、無名の磯に変わるも、アジを数匹追加したのみ。
1度青物っぽいアタリがあったが針はずれ。グレらしきアタリは・・・無し。

Takaの釣り場のマナイタの地は、先日の釣り連盟の大会の時もこの周辺ではあまりつれていなかったよう。
先端近くに釣り座を構え35cmと30cmのグレと31cmのシマアジを釣る。
1度大物のアタリがあるが、磯に張り付いてるのか浮いてくること無くラインブレイク。
さらに、35cm近いグレのタモ入れ時に、痛恨の針はずれ。
初のタモ入れミス。
2匹と3匹とでは大きな違いのような・・・
検量結果1200g少々で10位以内には入ることが出来ませんでした。

NEC_0122.jpg

優勝者はタイバエで見えグレえお1ヒロ前後で釣った模様。
上位入賞者は西長などの有名磯や名の知れた人が多かった。

雨の釣りはもうゴリゴリ、なお更これからの寒い時期は・・・無理です。
指はフニャフニャで感覚が変でした。

次回は大島・・・リベンジなるか!?
11月16日(日)中潮

Sanshi、Satoru、Tomoki + 他2名で大島に釣行。
天気予報は朝のうち雨・・・予報とおり小雨が降ってました。
まぁ、気になる程は降らなかったし、9時過ぎには雨はあがった。
前日ほどではらしいが、表廻りはウネリで上がれる所も限られていた様子。

6時30分出船、7時石切り場にて抽選。
渡船は全部で10隻。我々の渡船は6名。
5人のうち誰かが船内の1番クジを引くと思いきや・・・皆さん引きが弱いのか1番クジは他の客に。

1116.jpg

で、釣区域の運命はその客に託されて・・・抽選の結果は2番。
石切り場から表周りの方に出たところです。

先ずは、Tomoki達3名がフンドシに上がる。
もう一人の客はハゲに上がる。
SanshiとSatoruは3番区域のソエバに上がる。

ソエバ磯自体が高く、Satoruは結構ビビッてましたが、安全なピストル向きで釣開始。
Sanshi足場は悪いが低いところに降りて行き、西向きで釣開始。

初めは雨が降ってってアウトガイドの竿ではラインがくっつき、思うように流せないし浮きが飛ばない。
インターラインは関係なしで、良さそうでしたよ。

先ず、Satoruが木っ端グレを釣り、続けてイサギ、33cm程のグレがHIT。
行きの船内でアドバイスを受けたように何時ものようにゴリマキはせず、竿で溜めて浮かして無事、初のグレと呼べるサイズをGET。
その後は暫くの沈黙後・・・憎きタカノハダイを釣り上げ、マジ!!テンションダウンです。

Sanshiは餌取りのアタリしかなく、タカノハダイをみて、釣り座を地ソエ向きに移動。
アテ潮が結構早く、沖ソエ側からのサラシが激しく釣り難かった。
アテ潮に四苦八苦しながら、ようやくウキが消しこむ・・・が、サンノジ。
グレらしき姿がチラチラ見えるが、お手々が悪く食わせることが出来なかった。

12時の見回りで、磯変り。
Satoruは5番周りの西の牙?の奥で、Sanshiは裏周りの18番区域(磯名は不明)に別々に。
Satoruは生態反応少なく、撃沈。
裏回りは荒れ気味で風も少し強く、餌取りも多い。
磯際ではカンダイらしき大物、コマセを撒くと磯際からキツ?グレ?が出てきて餌を捕食して反転して磯際に戻ってたが、グレなら50cm近くはある大物だが、色がチョッと違ってるような気もするので、『キツかも知れんのぉ』と船頭。
木っ端グレ、ブダイ40cm、カワハギ26cmしか釣れず、こちらも撃沈。

GURE,ISAGI

kawahagi.jpg


一方、フンドシの3人は・・・
朝方にイサギを4匹釣り、イサギの気があるかもとの事。
そんな中、Tomokiがイシダイらしきアタリが2回あったようで、ズキュ~~ンを勢いよくウキが消し込む!!
1回はどうする事も出来ず、もう1回は引きを1度は止めたが、駄目だったようです。
竿、仕掛けとも号数アップして望むもイシダイらしきアタリはなし。
こちらもその後は駄目だったようです。

全体的にグレの喰いはいまひとつで、イサギは地ソエで15匹くらい釣ってたようです。
イサギは型は小さいが丸々太ってました。
大島の本格的なグレシーズンはもう少し先ですね。
11月12日(水)大潮

KenjiとSatoruが昼間にチヌが沸いているとの情報を聞いたので、仕事終わりに小松島の漁港に準備して行くことに。

到着してみると風はそこそこで寒さはそこまでキツくなく釣り開始。
最初ポツポツとメバルが釣れていい感じなんかなと思ったが、アタリがピタッと
とまったので、場所を代えたりタナを代えたりしてみるが変化無し。

wada1.jpg


途中ルアー釣りしてたおっちゃんが50センチくらいのフッコ1匹や15センチ級のメ
バル数匹釣り上げるのを確認。

途中、Takaが来てからは撒き餌してみたりしながら釣ると灯の下でノベ竿をグングン曲げるアタリが!上げてみると写真のようなプリプリのお腹をしたガシラが釣れた。
満腹なのか?何か変な病気なのか?それとも子持ち?

wada2.jpg

ネバいSatoruが帰りムードから一転、火がつき11時半くらいまで粘って納竿。

釣った魚はSatoruがお持ち帰り。
ガシラの煮付けが楽しみなった釣りでした。

《釣果》
ガシラ2尾、メバル7尾、キビレ1尾
11月13日(木)大潮

Sanshi
休みなので、親父と渡船で釣行しようと考えたが、単独釣行になったため結局いつもの様に地磯に行くことに・・・

朝6時ごろ阿部に到着。
車を降りると・・・ザバァ~~ンと波の音が・・・嫌な感じです。
まぁ、せっかく来たし、大丈夫だろうと思い、せっせと目的地目指して・・・

着くと・・・うねってます、かぶってます、風も結構吹いております

NEC_0118.jpg

一応準備して、7時過ぎ釣開始。
写真は普通ですが・・・ウネリによるサラシというか、洗濯機です。釣りになりません。

前にある沖磯は・・・

NEC_119.jpg

かぶってますが、こんなのマシで大きいのが来ると、スッポリ海中です。
自分の釣ってるところも、4、5メートルは高さがあるので、安心してましたが、超どデカイの一発・・・バッカンが落ちかけました。

危険だし、釣りにならないので、8時過ぎには撤収。

帰りに、近々大会で伊島に行く予定なので、棚橋渡船の場所をチェックして帰りました。
11月8日(土)

Satoruが釣Xの大会が中止がなくなったのだが、釣りに行きたかったので夕方準備して行くことに
・・・。

到着してみると風ビュービューで波ザッパンザッパン…
最初投げ釣りでキスを狙うとポツポツ連れてきたが、ウキ釣りしたかったんで、ウキに変更するも雨も降ってきたりして1時間半くらい粘ったけど、寒さに耐えか
ねて納竿
早く注文した防寒が欲しいと思った釣りでした。

《釣果》
キス4匹、アジ3匹
11月9日(日)由岐の磯で開催予定でしたTeam 釣X Fishing Cupは悪天候が見込まれる為、順延することとなりました。
代替の開催時期、場所は未定ですが、決まり次第連絡します。

希望日時、場所等ありましたら、お知らせください。
11月1日

和田島漁港で投げ釣りをしに昼過ぎから出発!!
途中餌を買いにひげで、チロリを購入しようとしたら、チロリは10月いっぱいまでと言われたので、仕方なく小松島のいはらでチョウセンを購入し投げ釣をスタート。
この日はキスが20センチサイズが3匹と普通のサイズが5匹であった。
その後ふかせ釣りでするもアジ15センチサイズしか釣れませんでした。

081101_1635~01

11月3日

職場のKさんと娘さん3人で朝10時からマリンピアでサビキ釣りスタート。
周りを見渡せばほとんどガラガラで明らかにお目当てのアジが釣れる気配はゼロ!!案の定2時まで釣りをするも、やはりジンタしか釣れませんでした。
しかし、子供はどんな魚でも釣れたらおおはしゃぎで凄い楽しんでました。
子供の笑顔のみの収穫に大満足の1日でした。

081103_1354~02
2008.11.02 阿部の地磯
11月2日(日)中潮

天気予報で風、波とも無い予報だったんで、Sanshiが阿部の地磯に単独釣行。
朝6時前に到着して、薄暗い中、せっせと歩くこと15分・・・到着。
ちょうど渡船が沖磯への渡しを待っていました。

NEC_0121.jpg

予報どおり風も無く、波もベタベタ。
仕掛けをして早速釣開始。

コマセを撒くも・・・餌取りの姿無し。
ゆっくりと右前のカゲの方に流れていく潮で、先ずHITしたのはキタマクラ。
木っ端グレの気配さえも無く・・・キタマクラに何本か針をご馳走。
今日はイマイチっぽいので、写真でも取ろうかと、オープンベールで流しながら撮影中に、バチバチ~ッとひったくられる強烈な当り!!
大物HIT!!

が・・・(携帯片手だし)引きが強すぎてベールが閉まらない。
ましてや、底のシモリに突っ込んでるし・・・さらにのされてるし・・・
チョッとラインを出して、どうにか閉まり、これからという時に、高切れ!!
マジッ!!ホント高切れの多いA-1クラシックです。
ウキ回収を待つも、浮いて来ない。
エースウキに浦島円錐極が・・・大物に持ち逃げされました!!
何者なんでしょうか!!
40オーバーのグレ、イシダイの実績もバリバリある地磯なんで・・・グレか??もしやカンダイ様か??

気を取り直して・・・釣再開するも・・・潮がたるみだし、ゴミの溜まり場みたいに。
お魚の気配もほとんど無く、前の沖磯でも竿が曲がっていない。

そんな中ようやくHIT!!コツコツあたる手ごたえなんでグレではないことが分かるが、浮いてきたのは・・・
タカノハダイ!!ウキに続きまたまたショック!!
コレが釣れるとグレは釣れない・・・と言うジンクスの持ち主です。

こいつのせいでテンションダウン↓↓
ましてや、一向に潮が良くなるような気配も無く・・・グレ達は何処に行ったのか??
あとは、サンタの引きを楽しんで12時過ぎに納竿。

沖磯の上サシ、下サシ、カゲとも、ほとんど竿曲がってなく・・・あの飛島さえも駄目っぽい雰囲気でした。

磯場が汚かったので、チョッと流して、ゴミ拾いもしてきました。
皆さん、釣り場は綺麗にしましょうね!!

帰りは志和岐の地磯に比べれば全然楽チンでゆっくり歩いて20分くらい。

※いはらの売り出し中に浦島円錐極を補充しておかなくちゃ!!